<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
みなさんこんにちは(^^)
灯里です〜


公式ブログがですね??
普段ちょっとおとなしすぎるのではないでしょうか?
という声がそろそろ聴こえてきそうです(笑)


個人ブログの方では、好き放題自分の好きなものばっかりアップしているので
こちら側ではやっぱりArcadiaheartsの作品の話をしてみようかなと思います。
※灯里の個人ブログ『AKARIの縁側』ものぞきに来てね♪←番宣ならぬブロ宣w


さて、まずはちょこちょこ公開音源の曲を振り返ってみようかなーと。
なんで公開音源?
だってCDもってない人も試聴できるもんね!興味が沸いたら聴けるじゃん。。


でも今日話題にするのCDはもう廃盤なの。
全部お嫁に行ってしまったのね。。
欲しいと思ってもないのよ。。お許しあそばせ!
お手に取っていただいた皆さんありがとう!!CD楽しんで!
入手できなかった皆さんだいじょうぶ!!試聴でPVもついてるよ!!動画楽しんでね!


おちついてー、1回深呼吸して―。


ハイ、まず今日は
♪ニヴルヘイムの詩 について当時を思い出してみます(^^)

2015年の12月・冬コミで出した2曲入りのシングルです。
もうすぐ4年になる・・・!そんな前になるのかぁ。

このシングルは色んな意味で思い出深くて、私にとっての初めてが詰まっています。


まずは民族音楽・初挑戦!

Arcadiaheartsに入って、ロック寄り、ミドルバラード系の楽曲が詰まった
「zero」「海の彼方」「不思議な絵本」と歌ってきて、がらっと雰囲気の違うテイストに足を踏み入れたのがこの頃。ずっと民族音楽ってやってみたかったので、創れることになってすごい嬉しかったの。

でも譜面もらって練習始めたら、ロックと違って勢いと速さは必要としない分、声の支えとか抜けとかクリアにマイクに乗るので、表現力がすごく必要なんだって痛感しました。
だけど曲のメロ自体にすごく雰囲気があったんで、オケがつく前から歌のイメージはすぐに沸いたので 練習あるのみって感じでした。それがTr1の話。

実は、大体アルカディアでは、れあちゃんが曲を作ってくれる時、先にメロだけできた時点で送ってくれるので、私はそれをふんふん音取り練習するんですねー。
で、レコーディングの数日前までに、簡単にリズムと簡易オケ(イントロとか間奏もあるよ)の入った音源が上がってきて、歌とイメージをすり合わせして、歌録り本番!って感じの流れなんです。


わたしはメロだけで想像しているので、いわばまだ世界全体は見えていません。
いうなれば、なんか暗い部屋で手触りでさーっと輪郭を確かめて、
まるいなー、細長い四角っぽいなー、ちょっとへこんでるかな?くらいの感覚をつかんでる感じ。
それで、れあちゃんがくれるオケを聴いて、部屋の明かりがついて、みえてないとこが鮮明になる。
あー今回はこういう形の音楽なのね!と。
わたしはその輪郭にそって、歌で肉付けをしていくっていうのが、制作のときのわたしの歌入れの時のイメージなんですねー。輪郭はバーチャルでみえてて、歌を入れて実体化していくという感じ?(あくまでわたし視点!)


だけどこのアルバムのTr2ははじめて、歌録り本番の日にオケがなかったんです!!
2つ目のはじめてですね!


なので、れあちゃんが思い描いている仕上がりの楽曲のイメージだけを聴いて 想像を膨らませて歌入れをしました。。
もーこれが、当時の私にはびくびくで!!あうの?!この歌い方で曲の表現はあうの?!
れあちゃんのイメージしている曲の方向性同じですかーーー??!
と終始心の中は恋のから騒ぎ状態で歌い続け、大葛藤した最初の思い出です(笑)

結果的に、今でもれあちゃんはTr2の方が良い仕上がりだったからこのやり方は私たちにあってるね! と言ってます(笑)
でも、私は心持ちのせいなのかTr1のほうが自分好みだなぁと言っていて、このへんは 4年たったいまも平行線です(笑)

みなさんはどっちの曲が好きかしら〜


まだこの曲には他のはじめて話があるからそれはまた次のお話で〜〜


試聴は公開音源のタブからどうぞ♪


灯里

コメント
コメントする








    

Profile

Categories

Selected entries

Archives

Twitter

Recent Comment

  • 夏コミありがとうございました
    s5872stf

Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM